ふきんとうだより

フォーク、藤井聡太、宮沢賢治、佐々木朗希、石川優子についてつらつら語ります

MENU

2024-01-01から1年間の記事一覧

将棋のA級順位戦最終局が行われる日は、なぜ「将棋界の一番長い日」と呼ばれているのか

簡単に言うと " data-en-clipboard="true">「将棋界の一番長い日」とは、将棋のA級順位戦の最終局が行われる日を指します。この日は、A級に所属するトップ棋士10人が名人への挑戦とB級1組への降級を巡り、長時間熱戦を繰り広げるため、このように呼ばれてい…

藤井聡太棋王対伊藤匠七段 棋王戦第三局 藤井棋王が二勝目 防衛に王手

2024/3/3(日)新潟市で行われた棋王戦第三局 藤井棋王が防衛まであと一勝 藤井聡太棋王の先手番です。藤井棋王の誘導で角換わりとなりました。伊藤匠七段にとっても受けて立つ以外の選択はないでしょう。角換わりの研究で最前線にいる二人です。 村)新潟市で…

A級順位戦最終局 名人挑戦者に豊島将之九段

「将棋界で一番長い日」と言われるA級順位戦最終局 2024/2/29 「将棋界で一番長い日」と言われるA級順位戦最終局が静岡市・浮月楼で一斉に行われました。この最終局が始まる時点でトップは6勝の豊島将之九段。追うのは、菅井竜也八段と永瀬拓矢九段の二人で…

藤井聡太棋王対伊藤匠七段 第49期棋王戦第二局 藤井聡太棋王が先勝

第一局は持将棋となり、勝敗が付きませんでした。藤井棋王の先手番だったので、持将棋に持ち込んだ伊藤匠七段が気分的にはややリードしたかに見えました。 研究通りの序盤 そして本局・第二局も途中まで同じ手順で角換わりとなり、両者の研究通りに進んでい…

将棋界に超新星が現る 藤本渚四段

藤井聡太八冠と最高勝率を争う藤本四段 中原誠十六世名人の持つ最高勝率記録は、47勝8敗 .8545 現在、この記録を上回っているのが、ご存じ「将棋界の若き帝王」藤井聡太八冠。そして、何とそれよりも高い勝率で勝ちまくっているのが、「超新星」藤本渚四段な…

藤井聡太八冠、中原誠十六世名人の最高勝率記録に迫る!史上最強の棋士として記録更新できるか (続々 2/12現在)

2/12現在の藤井聡太八冠は .857 中原誠十六世名人の持つ最高勝率記録(47-8 .855)を上回っています。 しかし、2/10の朝日杯決勝で永瀬拓矢九段に敗れたため、藤井聡太八冠 (42-7 .857) となりました。あと一敗すると、負け数で中原誠十六世名人が記録した時の…

藤井聡太王将対菅井竜也八段 第73期王将戦第四局 藤井聡太王将が防衛

藤井聡太王将が連続20期タイトル獲得の新記録達成 東京都立川市で開かれていた第73期王将戦は、藤井聡太王将が挑戦者・菅井竜也八段に4連勝して防衛。タイトル20期連続となりました。これは大山康晴十五世名人の持っていた19期連続タイトル記録を更新するも…

怪物・江川卓のたかが野球・されど野球 〜知られざるエピソード〜

怪物・江川卓。彼のあと、松坂大輔が「平成の怪物」、佐々木朗希が「令和の怪物」と呼ばれました。江川卓は「昭和の怪物」ということになります。 江川卓のプロフィール 江川卓は、1955年5月25日に福島県いわき市で生まれました。元プロ野球選手。現在68歳。…

藤井聡太八冠対伊藤匠七段 第49期棋王戦第一局 持将棋に

結果は持将棋(無勝負・引き分け) 2/4(日)富山県魚津市で行われた、藤井聡太棋王対伊藤匠七段の第49期棋王戦第一局。何と持将棋になりました。 持将棋とは 双方の玉が相手陣に入って詰めることが出来ない状態で、所定の条件を満たしている場合、両対局者の合…

藤井聡太八冠、中原誠十六世名人の最高勝率記録に迫る!史上最強の棋士として記録更新できるか (続)

藤井聡太八冠 史上最高勝率を目指して快走 (2/1現在) 現在、王将戦で菅井竜也八段の挑戦を受けて3-0とリードしている藤井聡太八冠。 中原誠十六世名人の持つ最高勝率記録(47-8 .855)を上回っています。 1/16までの記録については、前編をご覧ください。 fuki…

藤井聡太王将対菅井竜也八段 第73期王将戦第三局 藤井聡太王将が3連勝 後がない菅井竜也八段

菅井竜也八段・向い飛車も及ばず ここまで叡王戦から三間飛車で戦ってきた菅井八段。今回は趣向を変えて、向い飛車です。 終局後のインタビューでは「これまでずっと同じ戦型が続いていたので、違うことをやってみようかな」と語っていましたが、三間飛車で…

石川優子 引退から現在まで(2024)

石川優子さんは1990年に引退 石川優子さんは、1990年7月のファイナルコンサート「愛を眠らせないで」を最後に、音楽活動から正式に引退しました。音楽活動から退き、メディアとの関りもなくなりました。その後、彼女自身が話したようにニューヨークに3年間留…

石川優子 若い時のエッセイ「夢色気流」を読んでみた ①

石川優子の若い時のエッセイ「夢色気流」とは 本のタイトル 夢色気流 風にまかせて 1981年9月発刊ワニブックス(新書版) 石川優子の若い時のエッセイ「夢色気流」の表紙 あらまし シンガーソングライターの石川優子さんが23歳の時に書いた自叙伝的なエッセイ…

藤井聡太王将対菅井竜也八段 第73期王将戦第二局 藤井聡太王将が2連勝

第73期王将戦第二局 居飛車穴熊対三間飛車ダイヤモンド美濃 藤井王将が一日目から優勢に 一日目昼食 一日目午後 二日目午前 二日目昼食 早い終局 第三局の展望 第73期王将戦第二局 居飛車穴熊対三間飛車ダイヤモンド美濃 藤井王将が一日目から優勢に 後手番…

藤井聡太竜王、中原誠十六世名人の最高勝率記録に迫る!史上最強の棋士として記録更新できるか

中原誠十六世名人の最高勝率記録は? 1967年に中原誠五段(当時)が記録した.855 (47-8)がこれまでの最高勝率記録。 この記録は、今まで破られていません。逆に言えば、これ以外のほとんどの記録は、藤井聡太竜王名人が、塗り替えてきたということです。将棋界…

佐藤天彦九段 振り飛車・三間飛車で順位戦・佐々木勇気八段にも勝利

佐藤天彦九段 振り飛車で佐々木勇気八段との順位戦に勝利 佐藤天彦九段の直近7局の戦型と成績 佐藤天彦九段が振り飛車を連採 6連勝中 佐藤天彦九段が振り飛車に対する思いを再び語る ふきんとうのコメント 佐藤天彦九段 振り飛車で佐々木勇気八段との順位戦…

藤井聡太王将対菅井竜也八段 第73期王将戦第一局 (2) 藤井聡太王将が先勝

第73期王将戦第一局 相穴熊戦 藤井王将が制す 第73期王将戦第一局 相穴熊戦 藤井王将が制す 二日目 昼食 結果 敗因は早食い? #藤井聡太 王将の勝利【第73期ALSOK杯 #王将戦 七番勝負第1局】○藤井聡太王将 VS ●菅井竜也八段第73期ALSOK杯王将戦七番勝負第1局…

藤井聡太王将対菅井竜也八段 第73期王将戦第一局 振り穴対居飛穴

王将戦第一局 戦型は三間飛車穴熊対居飛車穴熊 前夜祭での意気込み 1/7(日)に栃木県大田原市・ホテル花月で開幕した第73期王将戦。前夜祭には約700人が参加。近年まれにみる盛況となり、注目の高さがうかがえます。優しい雰囲気の藤井聡太王将に対して終始険…

藤井聡太王将対菅井竜也八段 第73期王将戦の展望

第73期王将戦 第1局は1/7,8 藤井聡太王将に菅井竜也八段が挑戦する第73期王将戦。1/7(日),8(月)に栃木県大田原市・ホテル花月で第1局が行われます。藤井聡太王将がこの番将棋を制すると、20期連続タイトル獲得となり、大山康晴十五世名人の持つ19期連続タイ…