ふきんとうだより

フォーク、藤井聡太、宮沢賢治、佐々木朗希、石川優子についてつらつら語ります

MENU

藤井聡太棋聖対山崎隆之八段 棋聖戦第二局 山崎八段の向い飛車も不発

2024/6/17(月)に、新潟市で行われた第95期棋聖戦第二局。先手番の藤井聡太棋聖が、挑戦者の山崎隆之八段を破り、今シリーズ2連勝。棋聖位のタイトル防衛に王手をかけました。同時に、あと1勝で棋聖位連続5期となり、「永世棋聖」という称号も手にすることに…

石川優子 引退から現在まで(2024)

石川優子さんは1990年に引退 石川優子さんは、1990年7月のファイナルコンサート「愛を眠らせないで」を最後に、音楽活動から正式に引退しました。音楽活動から退き、メディアとの関りもなくなりました。その後、彼女自身が話したようにニューヨークに3年間留…

石川優子 若い時のエッセイ「夢色気流」を読んでみた ⑤ 失敗談

石川優子さんが23歳の時に書いたエッセイ「夢色気流」。当時の石川優子さんが、どんなことを考えていたのか、どんな夢を持っていたのか、楽しいエピソードもいろいろ書かれています。そんなエッセイから見た「石川優子」の人となりをまとめているのですが、…

澤田彩香アナと六角精児さんがメイクについて語る

今回は以前の記事のリライトです。 澤田彩香アナのプロフィール 澤田彩香さんは、NHKのアナウンサー。1990年11月30日生まれで、滋賀県大津市出身。東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業後、2013年にNHKに入局。女性アナウンサーでは珍しいスポーツ専任アナウ…

佐々木朗希 ストレートで三振を

ロッテマリーンズの佐々木朗希投手。今年は、球速よりも制球を重視しているような印象があります。5勝してはいますが、どうも心配なのです。何が心配なのかと言いますと、佐々木朗希は、165km投げられるのに、セーブしているのならいいのですが、昨年から今…

岡村孝子のエッセイ 「夢みるころを過ぎても」

先回、岡村孝子の名曲「潮の香りの中で」を紹介しましたが、今回は彼女の初エッセイ「夢みるころを過ぎても」を紹介します。先回はこちら➤ fukinto.com 岡村孝子の初エッセイ あらまし 岡村孝子のエッセイ「夢みるころを過ぎても」 1993/12初版発行 TOKYO FM…