ふきんとうだより

フォーク、藤井聡太、宮沢賢治、佐々木朗希、石川優子についてつらつら語ります

MENU

将棋のA級順位戦最終局が行われる日は、なぜ「将棋界の一番長い日」と呼ばれているのか

簡単に言うと " data-en-clipboard="true">「将棋界の一番長い日」とは、将棋のA級順位戦の最終局が行われる日を指します。この日は、A級に所属するトップ棋士10人が名人への挑戦とB級1組への降級を巡り、長時間熱戦を繰り広げるため、このように呼ばれてい…

藤井聡太棋王対伊藤匠七段 棋王戦第三局 藤井棋王が二勝目 防衛に王手

2024/3/3(日)新潟市で行われた棋王戦第三局 藤井棋王が防衛まであと一勝 藤井聡太棋王の先手番です。藤井棋王の誘導で角換わりとなりました。伊藤匠七段にとっても受けて立つ以外の選択はないでしょう。角換わりの研究で最前線にいる二人です。 村)新潟市で…

A級順位戦最終局 名人挑戦者に豊島将之九段

「将棋界で一番長い日」と言われるA級順位戦最終局 2024/2/29 「将棋界で一番長い日」と言われるA級順位戦最終局が静岡市・浮月楼で一斉に行われました。この最終局が始まる時点でトップは6勝の豊島将之九段。追うのは、菅井竜也八段と永瀬拓矢九段の二人で…

藤井聡太棋王対伊藤匠七段 第49期棋王戦第二局 藤井聡太棋王が先勝

第一局は持将棋となり、勝敗が付きませんでした。藤井棋王の先手番だったので、持将棋に持ち込んだ伊藤匠七段が気分的にはややリードしたかに見えました。 研究通りの序盤 そして本局・第二局も途中まで同じ手順で角換わりとなり、両者の研究通りに進んでい…

将棋界に超新星が現る 藤本渚四段

藤井聡太八冠と最高勝率を争う藤本四段 中原誠十六世名人の持つ最高勝率記録は、47勝8敗 .8545 現在、この記録を上回っているのが、ご存じ「将棋界の若き帝王」藤井聡太八冠。そして、何とそれよりも高い勝率で勝ちまくっているのが、「超新星」藤本渚四段な…

藤井聡太八冠、中原誠十六世名人の最高勝率記録に迫る!史上最強の棋士として記録更新できるか (続々 2/12現在)

2/12現在の藤井聡太八冠は .857 中原誠十六世名人の持つ最高勝率記録(47-8 .855)を上回っています。 しかし、2/10の朝日杯決勝で永瀬拓矢九段に敗れたため、藤井聡太八冠 (42-7 .857) となりました。あと一敗すると、負け数で中原誠十六世名人が記録した時の…