ふきんとうだより

フォーク、藤井聡太、宮沢賢治、佐々木朗希、石川優子についてつらつら語ります

MENU

2022-01-01から1年間の記事一覧

ふきのとうと「呑み鉄」

ふきのとう「夜」お送りいたしました。うん、誠実な感じ。なんか、やっぱりこの歌い方にあるのかなって、思ったんです。でも、この中にね、「ウィスキーが夜汽車に忘れられている」というなんか《呑み鉄》っぽいのが出てましたね。

ふきのとう 六角精児さんの名曲遺産で取り上げられる

NHK-R1(ラジオ第一)の木曜日・午前中のパーソナリティは六角精児さん。 数々の埋もれた名曲を紹介する「名曲遺産」の鉄道ソング集の中でふきのとうを紹介してくれました。

羽生善治九段、タイトル100期目を目指して王将位挑戦者に

2022年11月22日(火)いい夫婦の日に、将棋界のレジェンド・羽生善治九段(52)が王将戦リーグ最終戦で、豊島九段に勝ちました。王将戦リーグトップの6勝0敗となり、ついに将棋界の若き帝王・藤井聡太王将(20)との七番勝負に挑みます。

石川優子 チャゲについて語る

今回は、石川優子さんがチャゲについて語ったことです。(2021/12/30のNHK-FMより) 応援し合っていた 『(チャゲさんは)私と同じ事務所でしたね。80年代、顔を合わせるともいつもギャグを言ってね。面白い。

石川優子 留学とプロレスの思い出

今回は(4)「留学の思い出とプロレス」です。 留学の思い出 『本当に世界中からいろんな人たちが集まって来ていました。クラスメイトもさまざまな国のさまざまな年齢の人たちが集まっていました。それで、お互いにいろんな情報を、私たちの国ではこうだ、私た…

石川優子 なぜ歌手をやめたのか 

石川優子にとってですね。80年代というのは外に向かって駆け抜けた青春っていう感じがするんですけれども、私の90年代は・・・そうですね、 今度は自分の内に向かって生活を楽しんだ90年代っていうそういう感じかなと思います。

石川優子 恋愛孤独人について

石川優子さんはこう語っています。 『私はデビューした年(1979)からアルバムを作ってまして、今までに15枚オリジナルアルバムを出したんですけども、大体年2枚のペースでオリジナルアルバムを作っていました。だから、その時はもう本当に猪突猛進っていうの…

村田兆治さんをしのぶ

村田兆治さんは2022/11/11(金)の早朝、火災で亡くなりました。他の記事によると死因は一酸化炭素中毒で、発見された時は2階の火が激しく燃えていた部屋とは別の部屋に座った状態だった模様です。

佐藤天彦九段、なぜ貴族

反則負け 先日、A級順位戦の対局中にマスクを着用しなかったために反則負けを喫した佐藤天彦九段(34)。提訴しているので、まだ覆る可能性があります。しかし、その後の棋王戦では藤井聡太竜王を破って決勝進出したため、挑戦者になる可能性も出てきました。…

佐藤天彦九段 反則負けのち赤いバラ

事件は10/28に発生しました。将棋のA級順位戦で名人にも三期在位したことのある佐藤天彦九段が反則負けとなったのです。対局相手は永瀬拓矢王座。

虔十公園林 研究ノート

「虔十公園林」は宮沢賢治が亡くなった翌年(昭和9年・1934年)に発表されました。賢治の価値観が表現されている優れた作品です。生きていたときには正しく評価されなかった虔十ですが、彼の残したものは人々の心を打ち続けるのです

下成佐登子 秋の一日

伸びやかで、しっとりとした歌声。心に沁みるようなせつない旋律、浮き立つようなメロディー。そしてふっくらとしたやさしい面影。下成佐登子は「きらめく風のような妖精」です。

佐々木朗希、6勝3敗に

きょうの佐々木朗希投手 2回柳田にホームランを浴び、その後連打されました。連続スクイズに自身のエラーも絡みその回3失点。その後は立ち直り5連続を含む10奪三振。6イニング91球、最高球速160km。残念ながら7勝目はなりませんでした。 先発・佐々木朗希投…

「虔十公園林」 宮沢賢治が伝えていること

「虔十公園林」とは 宮沢賢治作 1934年(昭和9年) 賢治の亡くなった翌年に発表されました。教科書にも載せられている短編児童小説です。ふつうは童話として紹介されているのですが、原文にはなかなか難しい語や表現も含まれていて、単に子供向けの教訓的なお…

めまいの多くは生活習慣病

薬も手術もいらない めまい・メニエール病治療 (角川SSC新書・2012/1出版) 高橋正紘 薬も手術もいらないめまい・メニエール病治療 高橋正紘/著価格: 880 円楽天で詳細を見る 著者紹介 著者である高橋正紘さんは、めまいメニエール病センターを2006/5に開設。…

藤井聡太竜王 A級順位戦で次は菅井竜也八段と対戦

藤井聡太竜王、A級順位戦 緒戦、佐藤康光九段に勝利 6/22(水)名古屋将棋対局場にて、A級順位戦第一回戦が行なわれました。藤井聡太竜王が佐藤康光九段に勝利して、名人戦挑戦者となるべく、まず1勝です。戦型は佐藤康光九段が向飛車穴熊にしたのに対し、藤井…

藤井聡太竜王のA級順位戦予想 対緻密流

6/22(水)いよいよA級順位戦に藤井聡太竜王 藤井聡太竜王が登場する第81期A級順位戦。藤井竜王は緒戦6/22(水)に佐藤康光九段と対局します。藤井竜王の先手です。場所は新設された名古屋将棋対局場です。 「勝負メシにひつまぶし」は当面お預け? 名古屋将棋対…

時代を作って来た棋士たちの名人への道のり

いよいよ藤井聡太がA級で戦う 藤井聡太竜王は6/22にA級順位戦で佐藤康光九段と対局することになっています。10人総当たりのリーグ戦で、最も勝ち星が多い棋士が名人挑戦者となります。大方の将棋ファンの注目は、藤井聡太竜王が今期名人になるかどうかでしょ…

佐々木朗希、今季初黒星・初被本塁打

6/3 きょうの結果 6/3(金)の対巨人戦で先発した佐々木朗希。快投が期待されましたが、残念ながら今季初黒星となりました。 これで5勝1敗。5イニング、89球、8被安打、6奪三振、5失点、1与四球。巨人の4番岡本にホームランを打たれ、今季初の被本塁打でした。…

佐々木朗希、6/3(金)巨人戦登板予定 見どころ

ここしばらく、佐々木朗希の登板は金曜日に固定されています。6/3(金)の巨人戦も先発予定です。 こんなツイートがありました。 そこまでプロ野球に興味のない同僚が「金曜日に付き合いで東京ドームで巨人ロッテ戦観に行くんだよ。マジでダルいわ」と愚痴をこ…

佐々木朗希、6勝目ならず

5/27 今日の佐々木朗希は勝ち負けなし 6イニング 自責点0 被安打4 奪三振7 与四死0 球数90 最高球速163km 得点圏に走者を背負うも最後は三振を奪い #佐々木朗希 投手が吠える!先制点を与えない気迫あふれる投球をみせる!#chibalotte #MarinesBaseball #202…

交流戦始まる 佐々木朗希のピッチングはどうだ

セ・リーグとパ・リーグが公式戦で戦う交流戦が始まりました。佐々木朗希投手の登板予定は引き続き金曜日ですので、次のような予定になります。5/27(金)18:00 対阪神 ZOZOマリーンスタジアム6/3(金)18:00 対巨人 東京ドーム 5/27(金)18:00 対阪神 ZOZOマリー…

佐々木朗希、4勝目なるか

佐々木朗希投手が明日5/13(金)のオリックス戦に先発予定。18:00京セラドームです。ここまで、オリックスには4/10の完全試合、4/17は5回2失点で3勝目を挙げたものの、白井球審との一件がありました。明日白井さんが再び球審になる可能性もあるということです…

藤井聡太竜王をめぐるA級順位戦予想 対振り飛車

藤井聡太竜王はA級でどんな戦いをするのでしょうか。これまでの対戦成績から8勝1敗で藤井竜王が挑戦者になると予想されます。ここでは戦型別に藤井竜王の戦いぶりを予想してみます。今回は対振り飛車です。

佐々木朗希投手のパーフェクト記録途絶える

日米のプロ野球で完全試合を2回達成した投手はだれもいません。佐々木投手に、もう一度達成する機会は訪れるでしょうか。わたしは、あるだろうと予想しています。

佐々木朗希投手の快投乱麻再び - ベースボールLIVEで観る

佐々木朗希投手は今回も8回まで一人の走者も許さない快投を演じました。なぜ交代したのか、ベースボールLIVEなら確実に観られるのでおすすめ、そして新庄監督の奇策はなかったことなどをまとめています。

佐々木朗希投手の快投を観るには

完全試合を達成した佐々木朗希投手。また快投が期待されます。その様子を確実に観る方法を探ってみました。

佐々木朗希投手、完全試合達成おめでとう! 震災~勇気を届ける人に

【大偉業】ロッテ・佐々木朗希、令和初&28年ぶり完全試合達成https://t.co/C4Jw5c8TJ9・28年ぶり16人目の完全試合・13者連続奪三振(日本新記録)・1試合19奪三振(日本記録タイ) pic.twitter.com/RYGqKfiT8t — ライブドアニュース (@livedoornews) 2022年4…

『監督』 海老沢泰久を読んで 広岡達朗とともに味わう爽快感

万年下位に居座る弱小球団エンゼルス。監督に抜擢された広岡は、勝つためには何が必要かを教え、実践する。広岡に刺激され選手たちの目の色は変わり、快進撃が始まるが・・・・

藤井聡太さんが「名人をこす」日 来期A級順位戦の予想

最年少記録を塗り替えてきた藤井聡太さん 藤井聡太さんが将棋のプロ棋士になったのが、2016年。当時、14歳2ヶ月で史上最年少でのプロ入り。 その後、29連勝を始め、数々の最年少記録を塗り替えてきました。 2022/3現在、竜王を始め5つの棋戦でタイトルを保持…