ふきんとうだより

ふきんとうの好きな音楽、将棋、本、映画、野球について語ります

藤井聡太竜王 A級順位戦で次は菅井竜也八段と対戦

藤井聡太竜王、A級順位戦 緒戦、佐藤康光九段に勝利

6/22(水)名古屋将棋対局場にて、A級順位戦第一回戦が行なわれました。藤井聡太竜王佐藤康光九段に勝利して、名人戦挑戦者となるべく、まず1勝です。戦型は佐藤康光九段が向飛車穴熊にしたのに対し、藤井聡太竜王居飛車・ミレニアム囲い。端歩を突き合ってからの囲い合いとなりました。その端の攻防を制した藤井聡太竜王が101手で勝ちました。最後、受け間違えたら大逆転という局面もありましたが、藤井竜王が正確に応対し勝ち切りました。この対局まで藤井竜王は向飛車に対して6勝0敗でしたが、この勝利で7-0としました。

 

次は振り飛車党の菅井竜也八段と対戦

2回戦は日付が決まっていませんが、菅井竜也八段と対戦することは決まっています。以前、「藤井竜王の対振り飛車の稿でも書きましたが、菅井八段はこれまで7回藤井竜王と対戦しています。そして、すべて振り飛車を採用しています。それで、順当にいけば、今度の対戦でも振り飛車を採用する可能性が高いでしょう。ここまでは藤井竜王の5勝2敗です

fukinto.com

 

これまでの戦型

7局すべて、藤井竜王居飛車、菅井八段・振り飛車ですが、もう少し詳しく見てみましょう。
左が藤井聡太竜王ー右が菅井竜也八段、〇=勝・●=負です。
①●舟囲い-〇先・ゴキゲン中飛車穴熊
②●早繰り銀-〇先・ゴキゲン中飛車
③〇舟囲いー●先・ゴキゲン中飛車・銀冠 指し直し局 前局もゴキゲン中飛車
④〇力戦ー●先・ゴキゲン中飛車穴熊
⑤〇居飛車穴熊ー●先・四間飛車穴熊
⑥〇左美濃ー●先・三間飛車・美濃囲い
⑦〇先・居飛車穴熊ー●四間飛車穴熊
流れとしては、菅井八段が当初はゴキゲン中飛車を連採し2連勝。しかし、しっかりと対策した藤井竜王が2連勝すると、菅井八段は四間・三間飛車に変更。それでも、藤井竜王の勢いを止められず現在に至るというところでしょうか。

さて、どんな対戦になるか

菅井八段は対藤井聡太に限らず、振り飛車採用が8割くらいです。これまでの対戦を見ると、藤井竜王に対して指していないのは向飛車だけです。ただ、佐藤康光九段が直近で指して敗れているので、ちょっと向飛車にはしづらいかもしれません。しかも、冒頭に書きましたように、藤井竜王はプロになってから、向飛車には一度も負けていないのです。そうなりますと、定跡から外れた形にするかもしれません。いずれにしても、菅井八段が先手です。振り飛車党としては菅井八段にがんばってほしいのですが、最年少名人を目指す藤井聡太竜王にも勝ってほしいというのが本音です。両者の善戦に期待しましょう。