ふきんとうだより

ふきんとうの好きな音楽、将棋、本、映画、野球について語ります

新庄剛志新監督に対する清原和博氏のコメントについて

日本ハムファイターズの新監督に新庄剛志さんが就任しました。

 

彼のファッションや発言に注目が集まり、メディアが競って報道しています。

球団としては、その宣伝効果は狙い通り、いやそれ以上かもしれません。

 

きょうは、その新庄監督に対する清原和博さんのYouTubeでのコメントについてです。

 

 

www.j-cast.com

 

詳細は、記事をご覧いただきたいのですが、要約しますと、新庄新監督の就任会見を見て清原氏は「ちょっとイラッと」したようなのです。

 

新庄監督は11/4に就任会見を行い、レッドワインのスーツにサングラス姿で登場しました。

 

それに対して清原氏は「もうちょっとちゃんとしてくると思ったんです」と不満を表わしました。そして、「日本のプロ野球には100年の歴史があり、OBたちはみんな(新庄監督の言動に)嫌な気分になっているのは間違いないと思う」と述べました。

 

清原氏プロ野球OBたちの意見をどの程度聞いているのか定かではありませんが、ご自身が新庄監督に対して好意的ではなくなっていることだけは確かです。

 

注目すべきは、外野から見ている人たちの反応です。

 

おおむね、『清原氏には新庄監督の言動を批判する資格はない』という厳しいもので、清原氏が批判の対象となっています。

 

そのうちいくつかをご紹介しますと・・・

 

・球界のならず者がどの面下げて言えるのかな?

清原和博氏は覚醒剤逮捕の罪を償い、薬物依存を克服できたのですか?

・こいつは薬物以前に大谷がハムで二刀流始めた時に プロ野球舐めんじゃねーぞ? と笑いながらバカにしてたのをわしは絶対に忘れない

 

・・・と完全に清原氏の発した批判的なコメントは大きなブーメランとなって返って来てしまいました。

 

さて、この件についての【わたくしのコメント】ですが、

 

清原氏はもう少し言い方に気を付ければ、ここまで辛辣な批判は浴びなかったのではないか。

たとえば、「自分は新庄監督の言動にとやかく言える義理ではありませんが」とか前置きすれば、少しは謙虚さが伝わるでしょう。また言動が気に入らないとしても、新庄氏はプロ野球の監督に就任したのですから、「シーズンの戦いぶりに期待します」と励ましたらいいのに、最後には立浪監督に対するエールを送るなどしているので、ちょっと油断してしまって、好き嫌いが前面に出てしまいました。

もう一点、「OBはみな嫌な気分になっている」という部分が気になりました。何か根拠があるなら別ですが、状況からすれば、諸先輩方を口実にして自分の意見を言っているように見えます。これは清原氏にとってだいぶマイナスに働くでしょう。ご自分のYouTubeチャンネルで修正されたほうがよいのではないでしょうか。

 

個人的には、清原氏もいろいろと苦労されて、ここまで戻ってこられたのですから、もっと球界に貢献していただければと期待しています。

そして、新庄新監督にはペナントレースでのご健闘を期待しています。