ふきんとうだより

フォーク、藤井聡太、宮沢賢治、佐々木朗希、石川優子についてつらつら語ります

MENU

石川優子 若い時のエッセイ「夢色気流」を読んでみた ④ 試行錯誤

石川優子さんが23歳の時に書いたエッセイがあります。「夢色気流」
第一回は、その本の紹介と「幼い日々」でした。
第二回は、「音楽や人との出会い」
第三回は、「ラジオのパーソナリティ」
そして今回は、「試行錯誤」です。

試行錯誤とは

いろいろな方法を試し、失敗した部分や成功した部分からから学び、さらに改善していくプロセスを指しています。優子さんは、23歳の時点で、人生には「試行錯誤」が必要なのだと書いているのです。うーん、なかなか若い時から深い考えを持っていたんだなあと感心いたします。

若くても人生を語れる

優子さん、こんなエピソードを書いています。
何という本だったかは忘れましたが、ある音楽雑誌に、これまたある女性作詞家の方が、人の作った曲を例にあげて、いろいろと作詞指導をするという、『作曲コーナー』と言われるようなコーナーがありました。その号では、一人の男性シンガーソングライターが取り上げられておりまして、具体的な詩に対して、個々の部分はああだ、こうだと書いておられました。その詩のひとつに、内容が人生論的なものがあり、それに対して、その女性作詞家の方は、「だいたい、二十数年しか生きたことのない若者が、人生をわかったような歌を歌うのは気に食わない」というようなことを書いていらっしゃいました。
この作詞家とシンガーソングライターがだれなのか、優子さんも同じ業界内のことですので、具体名はあげていないのですが、女性作詞家はそんなに多くないのですよ。いずれにしても、公開で他人の歌を添削するということが、自分からすれば無謀な感じですが。ともあれ、これに対して、優子さんはこんな風に書いているのです。
なるほど、それもそうだと思いながら、でももう一方では、若者誰でも人生論のひとつやふたつ、大声で張りあげたっていいんじゃないかしらと思ったのです。・・・人はそれぞれ人生というものを考え始めた時から、経験を土台にして、十五歳なら十五歳なりの、二十歳なら二十歳なりの人生観なり、教訓を持つものではないかしら。

試行錯誤して人生を語れ

彼女はいろいろと浮き沈みを経験して、「試行錯誤」していくうちに、それが人生にとってかけがいのない経験となっていくのだと続けていきます。23歳なりに深いことを書いているのです。

長く生きたら語れなくなる

ここからは僕の考えですが、若いから語れる、歌える部分を大切にしてほしいなと思います。僕は、若い時に乱読したし、ひたすら音楽も聴きまくりました。でも、その当時の気持ちなり、感性を形にして残していなかったことを、とても後悔しています。人生も終盤になると、かえって語れなくなるものです。石川優子さんは、そのキラキラしたものを音楽にして残せたのですから、うらやましい限りです。