ふきんとうだより

ふきんとうの好きな音楽、将棋、本、映画、野球について語ります

MENU

佐藤天彦九段、なぜ貴族

反則負け 先日、A級順位戦の対局中にマスクを着用しなかったために反則負けを喫した佐藤天彦九段(34)。提訴しているので、まだ覆る可能性があります。しかし、その後の棋王戦では藤井聡太竜王を破って決勝進出したため、挑戦者になる可能性も出てきました。…

佐藤天彦九段 反則負けのち赤いバラ

事件は10/28に発生しました。将棋のA級順位戦で名人にも三期在位したことのある佐藤天彦九段が反則負けとなったのです。対局相手は永瀬拓矢王座。

虔十公園林 研究ノート

「虔十公園林」は宮沢賢治が亡くなった翌年(昭和9年・1934年)に発表されました。賢治の価値観が表現されている優れた作品です。生きていたときには正しく評価されなかった虔十ですが、彼の残したものは人々の心を打ち続けるのです

下成佐登子 秋の一日

伸びやかで、しっとりとした歌声。心に沁みるようなせつない旋律、浮き立つようなメロディー。そしてふっくらとしたやさしい面影。下成佐登子は「きらめく風のような妖精」です。

佐々木朗希、6勝3敗に

きょうの佐々木朗希投手 2回柳田にホームランを浴び、その後連打されました。連続スクイズに自身のエラーも絡みその回3失点。その後は立ち直り5連続を含む10奪三振。6イニング91球、最高球速160km。残念ながら7勝目はなりませんでした。 先発・佐々木朗希投…

「虔十公園林」 宮沢賢治が伝えていること

「虔十公園林」とは 宮沢賢治作 1934年(昭和9年) 賢治の亡くなった翌年に発表されました。教科書にも載せられている短編児童小説です。ふつうは童話として紹介されているのですが、原文にはなかなか難しい語や表現も含まれていて、単に子供向けの教訓的なお…